イザ!カエルキャラバン!
合同研修会 2017
楽しみながら防災の知恵や技が学べる新しい形の防災訓練イベント「イザ!カエルキャラバン!」の実技講座
楽しみながら防災の知恵や技が学べる新しい形の防災訓練イベント
「イザ!カエルキャラバン!」の実技講座を実施。
開催までのプロセスや防災体験プログラムの実施方法など、
カエルキャラバンの"いろは"をお伝えします!
楽しみながらしっかり防災を学ぶ
イザ!カエルキャラバン!とは

阪神・淡路大震災の被災者から教わった、防災の教訓知恵を次の世代へ伝えるために、NPO法人プラス・アーツと美術家・藤浩志が共同で開発した新しい形の防災訓練です。ゲーム感覚で楽しみながら消火・救出・救護などの知恵や技を学べる「防災体験プログラム」と、藤浩志が展開するおもちゃの物々交換プログラム「かえっこバザール」を組み合せたことで、これまでなかなか防災訓練に参加しなかった子どもたちや若いファミリー層が積極的に防災訓練に参加するようになりました。2005年、阪神淡路大震災10周年事業で生まれたこの防災訓練プログラムは、これまで東京、大阪など全国300ヵ所以上の場所で開催されてきた他、その活動は海を渡り、アジアや中米など海外14ヵ国でも開催されています。

■■合同研修会の流れ・地域での開催に向けたサポート■■

①楽しく学ぶしくみの紹介
カエルキャラバンのしくみや概要、他地域での実施事例を紹介します。
②かえっこバザール実践講座
おもちゃの交換会「かえっこバザール」のしくみを実際のツールを用いて実演。
③防災プログラムの実技指導
実際に使うツールを用いてレクチャー。防災の知恵や技、運営方法をお伝えします。
④プラス・アーツ防災教材の紹介・販売
プラス・アーツが開発した防災教材や書籍の販売を行います。当日はサンプルもありますのでぜひ手に取ってご覧ください。
⑤個別相談会の実施
地域主体の防災訓練プログラムの定着を目指して、各地域の課題やニーズ、予算規模に合わせた開催方法の提案を行います。
⑥実践の場の提供
2017年6月17日神戸市内で「イザ!カエルキャンプ!in KOBE」を開催。スタッフとして参加し運営方法等を体験下さい。
③防災プログラムの実技指導
実際に使うツールを用いてレクチャー。防災の知恵や技、運営方法をお伝えします。

■■ 学べる防災体験プログラム(予定)■■

■ 家具転倒防止間違い探し ■
家具転倒防止の重要性や、各グッズの使用方法と効果を学習します。

■ 毛布で担架タイムトライアル ■
身近に手配できる毛布を利用して、けが人に見立てたカエル人形を搬送します。

■ ジャッキアップゲーム ■
なまず人形の下敷きになったカエル人形を、ジャッキを使って安全に搬送します。

■ ロープワーク ■
1人1本ロープを持って「本結び」「巻結び」を習得。最後はゲームにチャレンジ!

■ 応急手当ワークショップ ■
身の回りのものでできる簡単な止血方法や、骨折の応急処置を学びます。

■ 自宅快適避難グッズなぁに?クイズ ■
12品目を暗記クイズで覚えるゲーム。災害時におけるグッズの役割も説明します。

■ 紙食器づくり ■
災害時に新聞紙やチラシを折って、食器として活用する方法を学びます。

■ 防災体操 ■
防災の知識をテーマに、楽しく体を動かしながら防災を学ぶことができます。

■ 水消火器で的当てゲーム ■
消火器の使い方を、ゲーム感覚で楽しく
身につけることができます。

■ シャッフル ■
震災時に役立つ知恵や技の手順をカードを並び替えながら、楽しく学ぶゲーム。

■ みんなで遊んで「たすカルテット」 ■
「地震」「サバイバル」など同じテーマのカードを4枚揃えていくゲーム。

■ 防災カードゲーム「なまずの学校」 ■
地震の際発生するトラブルを解決するアイテムを、手持ちのカードから選ぶゲーム。

■ ジャッキアップゲーム ■
なまず人形の下敷きになったカエル人形を、ジャッキを使って安全に搬送します。

■■合同研修会への参加をきっかけに、実際に地域で開催した事例■■

イザ!カエルキャラバン!in
藤原台夏まつり(神戸市北区)

2015年8月2日(日) 地域の夏祭りと同時開催。自治会の方々を中心にカエル人形“ふじこ”と“ふじお”を制作し、毎年継続して実施。
イザ!カエルキャラバン!in
牟岐町(徳島県牟岐町)

2016年12月11日(日) 牟岐町社会福祉協議会が中心となり、午前中はかえっこバザール、午後はスタンプラリー形式で実施。

イザ!カエルキャラバン!in
周南くめ(山口県周南市)

2017年1月8日(日) 毎年行われている季節行事の「どんど焼き」と地域の年配の方々から昔遊びを教わる「三世代交流会」とあわせて実施。

イザ!カエルキャラバン!in
上野(東京都台東区)

2016年2月13日(土)台東区社会福祉協議会が中心となり、オリジナルコーナーの制作や自作の布担架をプログラムで使用するなど、工夫を凝らした実施。

イザ!カエルキャラバン!in
上野(東京都台東区)

2016年2月13日(土)台東区社会福祉協議会が中心となり、オリジナルコーナーの制作や自作の布担架をプログラムで使用するなど、工夫を凝らした実施。

カエルキャラバンの”いろは”が無料で学べるチャンス!
これから地域の防災活動に取り組みたいと思われている方や、楽しみながら学べる防災プログラムを知りたいという方はぜひご参加ください。

■■ 神 戸 会 場 ■■

日 時 2017年6月3日(土)①10:00~12:30 ②14:30~17:00(終了)
場 所 デザイン・クリエイティブセンター神戸303(神戸市中央区小野浜町1-4)
講 師 永田宏和(NPO法人プラス・アーツ理事長)
定 員 各回50名(先着順)※1組あたり3名まで
参加費 無料
参加条件 地域の防災力向上に取り組んでおられる非営利団体もしくはそれに準ずる団体
(自主防災組織、消防団、社会福祉協議会、マンション管理組合、おやじの会、PTA、防災士、
子ども会、NPO、市区町村職員、教員、学生、等)※該当されない方はお問合せください
主催協力 主催:NPO法人プラス・アーツ
後援:神戸市
協力:子育て世代防災啓発プロジェクト検討会議
助成:公益財団法人ひょうご震災記念21世紀研究機構
   ひょうご安全の日推進県民会議、阪急阪神 未来のゆめ・まち基金
問合せ NPO法人プラス・アーツ神戸(担当:石田、宮本)
Tel:078-335-1335
Fax:078-335-1339
Mail:info@plus-arts.net
参加費 無料

■■ 横 浜 ・ 東 京 会 場 ■■

日 時 ① <横浜> 2017年6月18日(日)13:00~16:00
② <東京> 2017年6月24日(土)13:00~16:00
場 所 ①横浜市民防災センター(神奈川県横浜市神奈川区沢渡4-7)
②そなエリア東京(東京都江東区有明3-8-35)
講 師 ①永田宏和(NPO法人プラス・アーツ理事長)
②小倉丈佳(NPO法人プラス・アーツ東京事務所長)
定 員 各回50名(先着順)※1組あたり3名まで
参加費 無料
参加条件 地域の防災力向上に取り組んでおられる非営利団体もしくはそれに準ずる団体
(自主防災組織、消防団、社会福祉協議会、マンション管理組合、おやじの会、PTA、防災士、
子ども会、NPO、市区町村職員、教員、学生、等)※該当されない方はお問合せください
主催協力 ①主催:NPO法人プラス・アーツ      協力:横浜市民防災センター
②主催:東京臨海広域防災公園、NPO法人プラス・アーツ
問合せ NPO法人プラス・アーツ東京(担当:服部)
Tel:03-6458-5375
Fax:03-6458-5376
Mail:tokyo@plus-arts.net
参加費 無料